2015年07月19日

鼻中隔湾曲症手術 体験記(6)ガーゼ抜き、そして退院

というわけで、退院前日だっきかな。
いよいよガーゼ抜きとなりました。

他の方の体験談で、
「めちゃくちゃ痛い」
「涙とよだれが止まらない」
「脳みそを引きずりだされているよう」とか読んでいたのでものすごい恐怖と緊張で診察室に入りました。
もう一度書きますが、手術後から私の鼻の奥には大量のガーゼが詰め込まれていて(止血と、軟骨を取り除いてグラグラな骨を安定させるためだとか)、鼻呼吸は一切出来ませんでした。

怖いけど、いよいよ夢にまで見た快適な鼻すーすー生活が待っている。。。!!!

先生が、鼻の中にピンセットを突っ込んで、

ずるずるずるずる〜〜〜〜〜〜〜〜。。。。ガーゼをゆっくり引き抜き始めました。

「ひいえええ〜〜〜〜〜気持ち悪ぃ〜〜〜〜〜!!!あれ?でも痛くはないぞ。。。?????」

何だかすごく不快な感覚でしたが、痛みは全然ありませんでした。

「まだ鼻の粘膜が腫れているので、すぐには鼻は通りませんが、だんだんと呼吸が楽になりますよ」
と先生がおっしゃる通り、鼻呼吸はまだ詰まったような感じでうまくできませんでした。
すぐにスースーになる訳じゃないんですね。

その後は、一大イベントのガーゼ抜きを無事終えた開放感と、
何だか頭がすっきりしたような感じで、すごく気分が良かったです。

そして退院。
主人が会社を休んで迎えに来てくれました。
二人で会計窓口へ。

手術費、入院費などまとめて総額約120,000円でした。
でもこれらのお金は、入っていた生命保険が適用されて、逆にもらうお金の方が多くて黒字に。笑


もっと早く手術するんだった。
人生きっと違ってた。
今強く思います。呼吸って大事。呼吸で人生変わる。顔も変わる。


病院を出て、久しぶりの高い高い空を見上げました。
あの時の空は、本当に高く感じました。


【手術体験記おしまい】
posted by まりあ at 23:47| Comment(0) | 鼻中隔湾曲症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする