2017年05月21日

幼児のころの記憶

平日子供たちは7:30〜17:30まで保育園なんだけど、
いつも嫌がらずに通っていて偉いなぁと思う。。。

私は子供の頃幼稚園に通っていて、
この頃もうすでに人間関係につまづいており、
ちょっと強い女の子に強引に遊ぼうと誘われるも、
嫌で嫌でたまらないのにも関わらず、
ニコッと笑って「うん!」と答えるような子供でした。

そしてこの頃からすでに不器用で馬鹿でした。
鼓笛隊の太鼓のベルトの留め方が分からなくて(他の子はみんなできる)、
先生に叱られながらマンツーマンでやったこと。
仕出しのお弁当のトマトと、最高に臭い(笑)イカの焼いたようなモノが食べられなくて、でも残さず食べないと叱られるのでわざとテーブルから落とし・・・でもそれが先生にバレ、叱られて泣きながら食べた事。
どうしたら食べずに済むか考えて、
最終的に、ズボンのポケットにイカを隠し入れて、トイレに流しに行ったり、家に持ち帰って捨てた事。
幼稚園、辛い記憶しか無いわ。幼稚園バスではいっつも寝てたし(兄曰く)。
でも叱ってばかりの先生が卒園式で泣いてたのは覚えてるな。
バカな私でも可愛いところはあったのかな・・・。

しかしながら初めて好きな男の子ができたのも幼稚園の年長で、
「わたし、○○くんとケッコンするー」というような
幼稚園児にありがちな軽い気持ちでは無く、
好きな男の子の近くにいるとドキドキ何も手に付かない〜っていうような、
きちんとした「恋心」があり、
その辺はませたガキでした。


今、年長の息子は好きな女の子いるのかなー。
でも12人クラスに女の子4人しかいないし、多分初恋はまだなんじゃないかと。

私みたいに人間関係こじらせずに、なるべく楽しく成長していってほしいなぁと親心として思っています。
私みたいな幼少期は、絶対歩んで欲しくないよー!!

posted by まりあ at 22:47| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]