2017年07月19日

研タジオ

らくがき。

ヴェニスに死すのタージオと研ナオコを足して2で割ったらこうなる。
ちょっと残念な美少年。。

美少年といえば、MAMAって漫画知ってる??子育て漫画じゃないよ。
すごく好きな世界観で、大好きな漫画。
おすすめ!

IMG_7502.JPG
posted by まりあ at 23:53| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

おひとりさまの巻

土曜日の夜、子供も夫も寝静まった後、
初めてひとりカラオケ、ヒトカラに行って参りました。
ずーっとひとりでカラオケに行きたい行きたい〜〜〜ってうずうずしてたんだけど、
忙しかったしずっとできなくて。

でも、その夜、みんな寝ちゃったしつまんないし、行っちゃえ!ってついに決行。

誰にも告げずにこっそり家を出る背徳感、そして感じる高揚感。

あーなんて楽しいの!!!
23時くらいに入店して、好きな歌を歌いまくり、深夜1時に退店。
満足満足。
まさに2時間だけのバカンス・・・ってやつです。

また行こうっと。

そういえば、DAMともってやつに登録しまして、自分の歌を録音してみました。
カラオケでログインして録音して、家のPCで聞けるんだよ。
面白いナニコレ〜〜〜。

私の歌聞きたい方はご一報を!
ちなみに36年前くらいのめっちゃ古い失恋の歌です。。。。



そんでもって、月曜は用事のついでにひとりで電車乗ってお買い物に行き、
ひっさびさにお洋服買いました。
30歳になった時、それまで着ていた服を捨てまくりました。
今は必要最低限の服しか持ってません。
家に大きなウォークインクローゼットでもあればいいけど、そんなの無いしね。
いい加減そろそろ大人の女性になりたいです。

前も紹介したけどNOUEのアクセサリー本当可愛いよー。
そういえばこういうピアスってよく見かけるけど、どうやって穴に入れるわけ????
針穴に糸通すみたいな感じ?想像するとゾゾゾ〜〜ってするよー。
痛く無いのかな???
おひとりさま、次は焼き鳥居酒屋が目標です。
おやすみなさい。

posted by まりあ at 23:05| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

目がかゆい夜のつぶやき

このブログはほぼ、2009年に買った21.5インチのiMac(当時価格14万)で更新しているのですが、
最近とっても不調。
急に「ジャーン♪」と言って起動したり、起動したまま放置していたらシャットダウンしていたり。
とうとう最近は電源ボタン押してもうんともすんとも言わなくなり、
Appleのチャットで相談したら、もう部品も生産終了しているから、Appleでは対応できないとの事。
買い替えか民間の修理の会社に出してみては。という回答。
でも今日、電源ボタンを押したらなんとか起動しました。
完全にクラッシュする前に修理しなくちゃあああ。


母の病気。
私が見つけた近所のペインクリニックの病院へこの前父と行ってきたそうです。
そうしたら、「線維筋痛症」の疑いもあるが、「リウマチ性多発筋痛症」も考えられると言われたそうで、血液検査をしてもらったとのこと。
結果は来週出るみたいなので、そうしたら治療の道もひらけていきそうです。
今までなんの病気かもわからず、スタートラインにも立てなかったので、これは大いなる一歩です。

以前の日記で、兄家族が実家に入る話をしたけれど、
最近は私が実家に入ったほうがいいのではと思い始めています。
兄はもともと母と折り合いが悪かったのもあるし、
義姉(とは言っても同い年)に母の面倒を見させるのは申し訳ない。。。
それに、5月の母失踪事件で、必死で探してくれた兄も相当嫌な思いをしました。
あんなことがまたあるようでは、一緒に住めない、とこの前のお葬式であった時に言っていました。
そりゃそうだよね。。

でも、私の息子は来年小学校に上がるので、移り住むなら決断は早くしなくちゃいけないです。
途中から転校になるのはかわいそうだし。
でも、夫に申し訳ない気持ちで、なかなか相談できずにいます。


どうしたらみんなが幸せに楽しく暮らしていける?


そして表題の通り、
目がかゆいです。目んめえええええええええええええ〰

posted by まりあ at 00:52| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

しちがつ。

ぐっちゃぐちゃですがメモ。


土曜日。
母とケンカ別れになっていたが、もう一度実家に行き、夕食作りの手伝い。
その夜父と病院へ行き、母に点滴を打ってもらう。
母を励ます。

日曜日。
息子@が熱。
ひとり実家に夕食作りの手伝い(ベタですが肉じゃが、サラダ)に行き、
風呂に入れなくて悪臭を放つ母を風呂に入れる。
母と風呂入ったのなんてすげー久しぶり。

月曜日。
息子@の熱がまだ少しあったので夫と半休ずつとって出勤。
仕事中こっそり母の病気について調べる。
線維筋痛症(せんい きんつうしょう)という病名がかなり近い。
印刷し、夕食の後実家に行き母に渡す。

木曜日。
深夜に息子Aが発熱。
また夫と半休ずつとって出社。
保育園に行って帰ってきた息子@が手足口病かも。

金曜日。
息子@、病院で手足口病と診断される。
息子Aもまだ熱が下がったばかりなので2人保育園休み。
またまた夫と半休ずつとって出社。

土曜日。
息子Aがブッツブツ。
病院で息子@と同じく手足口病と診断される。


一週間すごく疲れました。

先月、保育園行事やお葬式と続いて会社何回か休んだり抜けたりしたので、
7月は休まず頑張るぞ!と思っていたら病気でまた休むハメになり。
会社に休む連絡入れるのも骨が折れるし。
季節の変わり目は子供って病気しやすいからね。

母親の線維筋痛症。
こういう病気なんだけど、まさに母親の訴える症状なのでこれだと思う。
血液検査でも、脳神経の検査でも、MRIでもPETでも異常なし。
これしかないよ。

病名を見つけられただけでも、一歩前進。

話は変わりますが、
最近再び図書館に通い出して
深爪、華伽藍、弱法師、悲歌(エレジー)を読みました。
他にオススメはありますか。

図書館、ネットで予約システムがとっても便利。
posted by まりあ at 01:36| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

整頓日記

水曜に、父方の祖母のお葬式に出席するため、家族4人で隣県まで行って来た。
子供の頃は夏休みになると毎年遊びに行っていた祖父母の家。
いつも行くのが楽しみで、たくさん可愛がってくれた思い出がある。
祖父は2年前に肺炎で他界、そして祖母は晩年は痴呆症を患い・・・
祖父母との思い出も永遠になってしまった。

母は相変わらずの体調なので出席せず、
静岡組としては父、兄二人、私と夫と子供二人で祖母を見送った。


今日届け物があったので、実家に仕事帰りに寄ったら、
母が暴れた後だった。
急須を叩き付けて壊し、その欠片で祖母(実母)を殺そうとしていたらしい。


ぶっ殺したかった理由は、自分には冷たいくせに、
近所の人にはへらへら笑って自分のことを話しやがったから。


身体の奥が熱くなって震えてくるのが分かったけど、
ぐっとこらえて、こんなことしたら危ないでしょう、と言ったら、
いいんだよ死ねばあ!!!
ぶっ殺してやる!!!!

ぶっ殺したら刑務所に入らないとだよ、

いいよ刑務所に入ってやる!!!!

そんなことしたら、私たちは犯罪者の身内になって、
働けなくなってしまうよ

じゃぁなんで私には冷たくて他の人にはへらへらしてんだ!!!!
何で私の事言いやがった!!
絶対に許さないからな!!!!!
何でお父さんは嘘をつくんだ!!!何で黙ってんだ!!!
なんで実父は包丁を持って暴れたんだ!!!
何で私の2番目の子供を殺してくださいって産婦人科の先生に言ったんだ!!!!
まりあも私の足の事を笑うな!!!!
・・・・



よくわからない部分も多かったけど、こういう時は否定してはいけないと思って
子供に言うみたいにお母さんの気持ちを肯定してあげる言葉をかけ続けたけど、
とうとう自分も心が壊れそうになってしまったので、
何も言わず家を飛び出してきてしまった。ぐっとこらえていた涙がとまらない。

帰宅し、家の事や子供のことをやってくれていた夫に話したら
辛かったね、と言って抱きしめてくれて、
ぼくがお母さんと話してみるよ、だって家族でしょ、一人で抱え込んじゃだめ。
と言ってすぐに電話をかけてくれた。


夫のように、母の味方になって、寄り添ってあげればよかった。
不出来な自分を恥じた。

要は、母は寂しかったんだ。
誰からも感謝の言葉をかけてもらえず、
愛情を感じられず、心がカラカラでヒビが入り、
ボロボロになってしまった。


母をこんなにまで追いつめて、母の心を殺したのはまぎれも無く私たち家族。
おばあちゃんが、母にもっと愛情をかけていたら。
お父さんが、もっとお母さんに声をかけて、日頃の子育てや家事を労い、笑顔で接していたら。
私たち子供が、もっとお母さんに感謝し、お手伝いもたくさんして、良い子だったら。

ここまで理解しているけど、
母に吐かれた暴言、いつか母が夫と子供たちを傷つけるようなことをしないかなど、
不安で頭の中がぐるぐるするよ。



子供たちには絶対に私のような目にはあわせない。
ただ純粋に、幸せに自分の人生を歩んでいってほしい。
そのために、母である私自身が幸せに生きて行かなくてはならないよね。

家族の幸せは、自分の幸せだから。
posted by まりあ at 02:39| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

ご本を読みませう

久々に起きた!!!!

そして、久々に!!!!読書してみようと思って、
今日夕飯の後にレンタルDVDを返しがてら本屋さんに行ったんだけど、
読みたい本が売ってませんでした。
足をのばして別の本屋さんも行ったんだけど、これまた無い。

マイナーな作家さんなのかしら??

次は行けたら図書館に行ってみようと思います。
夏になると、江國香織の「すいかの匂い」が読みたくなります。
あと、似たような雰囲気の本で山田詠美の「色彩の息子」、「蝶々たちの纏足」。


昔は読んだ後に落ち込んじゃう本大好きだったんだけど、
今はずーーーんとした余韻に浸る時間も余裕も無いので、どうしたものか。


最近ちょっと、昔に戻りたいって、思うときがある。
でも戻ったところで、私はバカだから、きっと同じ選択をして同じ場所にたどり着くのだと思う。
バカでよかったよ。
posted by まりあ at 23:42| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

心を亡くすと書いて忙!ぼうぼうぼう!

6月いそがしいです。

1保育園の父母会主催おそうじ
イラレで掃除の割り振りの一覧表を作ったら、
保護者の皆さんに「分かり易い!」と喜んでいただけました。

2青少年健全ナンチャラ総会への出席19:00〜

3会社の1年に1度の総会で朝から夜の宴会まで写真係

4保育園の評価委員会への出席

5保育園参加会

6友達が赤ちゃんつれて遊びに来る(大掃除)

7
ディズニーシーへ行く(初)

8地元のお祭り

9予防接種と歯医者



いそがし〜〜〜〜〜!保育園会長いそがしいよ!
ディズニーシーは、今週末に行きます!2年前はランドだったので、今度は初シー!
2年前と今回、どっちも友達の結婚式で当選したペアチケットを使わせていただきます。
子供のは別途購入したけど。
もうすぐ期限過ぎそうなので、慌てて行ってきます。ありがたや〜。

いつも期限ギリギリまで何もしないダラダラ夫婦です。
posted by まりあ at 23:54| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

わたし聖母じゃねーし

太陽みたいなお母さんが理想ですが、
実際は毎日「コラーーー!!!」と怒ってばっかり。
イライラして冷たくしちゃうときもある。。

子供と遊ぶときも、
「じゃぁ時計の針が6になるまでね」
「長い針が10になったら歯ブラシだよ」などと言って
平日は分単位で行動しています。

そんなこんなでこの頃は布団に入るのが22時直前。
20時に寝かせてるおうちはどーなってんだろ???

でも
「だいすきだよーーーーー^^」
「かわいいねーーーーーー^^」
「ぎゅーしよ〜〜〜*^^*」

と毎日言って抱きしめてます。
お兄ちゃんには最近逃げられてしまいますが。



======================
母親の事

昨日久しぶりに電話したら、やっぱり明るい話は何一つなし。
「監視されてる 脅されている 心も身体もバラバラ」

そんな話をえんえんと聞かされ、私もまいってきてしまい、
「私は結婚するまで実家にいて、正直居心地がずっと悪かった。言いたい事もいえずに我慢していた。」とつい口にだしてしまいました。

本当は言ってはいけないことだったかもしれない。
「そうだよね、この家はおかしいってことが分かった」と母。

あの家にいて辛い事は確かに多かったけど、楽しい事もたくさんあったのに。
悪い事を言ってしまった。

私ばっかり幸せになって、お母さんはあの家に取り残されて不幸な毎日。
なんて不公平だろう。
私ばっかりずるい。ずるい娘。ずるい家族。

みんなが幸せになれればいいのに。


posted by まりあ at 23:08| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

エネルギー

ブログのデザイン4、5年ぶりにちょっとリニューアルしました。
それはどうでもいいのですが、

片山真理さんていうアーティストがいらっしゃるのですが、
すごく好きではまっています。
知ったきっかけは、Eテレのバリバラのこの番組を見ていて、そのときは片山真理さんは歌を歌う役で登場して「なんて艶っぽい人なの!歌も上手!」と一目惚れ。

後から調べてみると、実はすごい芸術家だった!ということが分かりました。
この衝撃は、やなぎみわさんを知った時以来かも。。

今は妊娠中だそうです。元気な赤ちゃんがうまれますように。。。
いつか、個展見に行ってみたいな。

物を作り出せる人を尊敬します。
今の私は、仕事、子育て、家庭のトライアングルを、
ぐるぐる、黙々と、こなしているだけです。
そんな私を尊敬できますか。



posted by まりあ at 00:03| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

以下同文

前回の記事で幼児の頃イカをトイレに捨てただの、
持ち帰ってゴミ箱に捨てただの、
ひどいことをしておきながら何も懺悔をしていなかったので、
31歳に成長した私に、今ここで懺悔させてください。

今はイカ食べれるようになったけど、
あのイカはほんとに臭くてまずかったです。。。。

イカ、ごめんなさい。

そしてお母さん、
ポケットがイカ臭いズボンを洗濯してくれてありがとう。
ごめんなさい。
posted by まりあ at 23:11| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

幼児のころの記憶

平日子供たちは7:30〜17:30まで保育園なんだけど、
いつも嫌がらずに通っていて偉いなぁと思う。。。

私は子供の頃幼稚園に通っていて、
この頃もうすでに人間関係につまづいており、
ちょっと強い女の子に強引に遊ぼうと誘われるも、
嫌で嫌でたまらないのにも関わらず、
ニコッと笑って「うん!」と答えるような子供でした。

そしてこの頃からすでに不器用で馬鹿でした。
鼓笛隊の太鼓のベルトの留め方が分からなくて(他の子はみんなできる)、
先生に叱られながらマンツーマンでやったこと。
仕出しのお弁当のトマトと、最高に臭い(笑)イカの焼いたようなモノが食べられなくて、でも残さず食べないと叱られるのでわざとテーブルから落とし・・・でもそれが先生にバレ、叱られて泣きながら食べた事。
どうしたら食べずに済むか考えて、
最終的に、ズボンのポケットにイカを隠し入れて、トイレに流しに行ったり、家に持ち帰って捨てた事。
幼稚園、辛い記憶しか無いわ。幼稚園バスではいっつも寝てたし(兄曰く)。
でも叱ってばかりの先生が卒園式で泣いてたのは覚えてるな。
バカな私でも可愛いところはあったのかな・・・。

しかしながら初めて好きな男の子ができたのも幼稚園の年長で、
「わたし、○○くんとケッコンするー」というような
幼稚園児にありがちな軽い気持ちでは無く、
好きな男の子の近くにいるとドキドキ何も手に付かない〜っていうような、
きちんとした「恋心」があり、
その辺はませたガキでした。


今、年長の息子は好きな女の子いるのかなー。
でも12人クラスに女の子4人しかいないし、多分初恋はまだなんじゃないかと。

私みたいに人間関係こじらせずに、なるべく楽しく成長していってほしいなぁと親心として思っています。
私みたいな幼少期は、絶対歩んで欲しくないよー!!

posted by まりあ at 22:47| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

免疫細胞に興味あり

この間まで息子@は宇宙少年だったのですが、最近は免疫細胞に興味があるらしく「好中球ちゃん」「T細胞ちゃん」「B細胞ちゃん」などをお絵描きして遊んでます。
武器は「抗体」で、「細菌」「ウイルス」を攻撃したり食べたりしてやっつけてます。

特に一番気に入ってる免疫細胞は「マクロファージちゃん」で、すごい食いしん坊らしいです。

他には息子の一番大切にしている掛川花鳥園で買ったコザクラインコのぬいぐるみも「インコ細胞」として登場し、しかも免疫細胞の中でも一番の強さらしく、毒や癌も食べて病気を治してしまうとのこと!!

息子は理系男子になりそうです。
平仮名はあんまり興味が無いみたいで、まだ大して書いたり読んだりできません。。

まぁ小学校までに自分の名前くらい書ければいいよね^_^

息子の描いた免疫細胞(と、インコ細胞)です。ピンクのがマクロファージちゃん。
IMG_6851.JPG
posted by まりあ at 00:13| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

やさしさはどこへ

母が書き置きをして行方不明になり、
家族で捜索するも見つからず
父が警察へ行方不明者の捜索願いを出しに行き
外は暗くなり雨が降って来て
市内に同報無線が流れる手前まで行ったところで帰宅・・・・

連休中、兄(2)家族と私の家族で実家に集まったんです。
部屋を片付けられなくてごめんなさい。
一緒にご飯は食べられないのでみんなで食べてください
みたいな書き置きをしてスッとどこかへ消え・・・

いつも「足が手がおかしい歩けない」と言っていて
父と一緒じゃないと外へ出歩かない母が
7時間半も帰ってこないなんておかしいじゃないですか。
散歩のつもりで出かけて、足がもつれて転落して動けなくなってしまったのではないか、

自殺でもしにいったのではないか、
みんなで必死になって探して・・・

見つかってよかった。
でも涙はでなかった。

心配している心の裏側で、ひどく冷めきっている自分がいる。
それなのに母親の愛情を求めている小さな自分がいる。

精神科閉鎖病棟に行っても治らず、
医者に行って検査をしても異常は無いと言われ、
でも体の不調を訴える母。
助けてほしい。。
posted by まりあ at 04:05| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

おっかたづけ

この前夫と些細な事で久々の大げんかをしました。
わたし、けんかするとすぐ泣いちゃうんだよね。。。
自分の気持ちを分かってもらえない、
変な風に捉えられてしまう、っていうのがすごく辛くて。。。

まぁとりあえず話し合って仲直りできてよかったです。
ぶつかること、話す事は大切。
ぶつからない、話さない家庭で育ったので、身にしみます。


そういえば実家に、兄(2)の家族が入ることになりました。
2年くらい先だけど。リフォームするんだって。
実家にまだ私の残骸がいろいろと残ってるので、片付けに行かなきゃなぁ。

2年前にゴミ袋8杯分くらい、だいぶ処分したんだけどまだ残ってます。。
英語の教科書の落書きとか、世界史のノートに授業中付けてた日記とか、
そろばんとか自動車学校の教習本とか、プリクラとか、りぼんの付録とか、
人間関係の悩みと恋の悩みが大半を占めている悩める日記とか。


お片づけに行かねば。
posted by まりあ at 23:11| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

イモにも色々あるけれど。

久々に起きています。

そういえば。
今年の初め、急に「ピアスを開けたい」という衝動が私を襲いました。
それまで一切ピアスになんか興味が無かったんです。

痛そうジャン。
手入れ面倒くさそうジャン。
子供引っぱって耳ちぎれそうジャン。

なのに、突然の「ピアス開けたい」。

なぜにそうなったのか分からないけど、
それからすぐにピアスの穴を開けてくれそうな病院をネットでさがしまくり、
よさそうな病院を見つけて同意書をDLし、書き込むところまで一気にいきました。

その夜。

私「あのさ、相談があるんだけど・・・私、ピアス開けようと思うんだけど。」

私のお願いは大抵聞き入れてくれる夫。
今回も「いいよ〜^^」って言ってくれるものだろうと思ってました。

夫「え・・・・ピアス??」
私「(あれ?)うん。開けてみようかな〜って思って。」

夫「う〜〜ん・・・・。オレ、ピアス好きじゃないんだよね。耳に穴開いてるの、好きじゃない。」
私「(えええーーーー!予想外な反応!)・・・そうなんだ〜。じゃぁ、やめるよ!」


普段のほほ〜〜んとしている夫なので、私がどんなオシャレしようと関心がないものだろうと思ってました。
なのでオシャレに関して嗜好を持っている事が意外で、
「夫が嫌ならやめよう」と、
高ぶっていた衝動がすぐに急降下して行きましたとさ。。。ほほほ。


いや、ちょっとは開けてみたかったな、って今もホントは思ってますよ。

私「イモっぽい」って言われた事、今でも覚えてますよAさん!!!!!

ピアス開けたら「イモっぽさ」ちょっとは改善するかなーーー!!!??
三十路過ぎたけど今でも私は「イモっぽい」ですよ!!!
生まれ変わるならせめてジャガイモよりインカノメザメになりたいよ!!
だって名前がオシャレだからね!!!!


ちなみに穴開けたらしてみたかったピアスはこれです。
繊細でシンプルでイイ!!
https://www.nouedesign.net/
posted by まりあ at 23:46| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

眠いの

自分は昔から睡眠に対してかなり貪欲であると思う。

「オールナイト」「朝帰り」こわい。。。なんてこわい言葉なの。

睡眠不足=恐怖。


ああ寝なきゃ!
夜更かしした日は時計を見ないで寝るようにしています。
なんでかというと、時計を見てしまうと、
「今○時だから、×時間しか睡眠時間がない」って数字で理解するので、
睡眠不足の恐怖でパニクるからです。

おかしーですよね。
時計を見ずに、寝ます。
posted by まりあ at 00:42| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

三角屋根のラーメン屋

「暦の上では春だけど・・・」
という言葉が飛び交う季節ですね。2月。

この前、私たち家族と私のお父さんと、仕事の関係で帰省したお兄ちゃん(1)とラーメン食べに行きました。
(お兄ちゃん(2)は赤ちゃん生まれたばっかりだから来れなかった)

子供の頃よく行ってたラーメン屋で、お兄ちゃんは帰省するといつもここのラーメン屋に行きたがるのです。
たいして深い話はしなかったけど、いや過去に一度だって深い話なんてしたことないけど、
一緒にラーメンが食べられて嬉しかったな。

それだけです。
posted by まりあ at 00:33| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ただただ、つらい

この前実家に帰った時、
「記憶がない。ごはんがつくれない。お金がない。もう餓死する。」
ってお母さんが言うものだから、
「じゃぁいくらあげればいいの。100万?200万?私が仕事をやめて、毎日ごはんを作りにくればいいのか。」
って言い合いになったの。
だめだよね。

数日前、お兄ちゃんにふたりめの赤ちゃんが生まれたのよ。
今日久しぶりに実家に電話したの。
「統合失調症の強いのになった。もうおばあちゃんが死ぬ。神々に支配されている。記憶が無い。」
ってお母さんが強い口調で言うの。
お兄ちゃんに赤ちゃん生まれたよ。聞いたでしょ?うれしくないの?って聞いたの。
「別にうれしくない。どうでもいい。」
だめだよね。


私はどうしたらいいのだろうか。
実家に入ってサポートするのが、優しいたったひとりの娘の役目だよね。
病気の母親に、優しい言葉をかけて励ますのが娘の役目だよね。
でも、実家に入ったら私が壊れそう。
私が壊れたら、怖いお母さんになって、私の子供の心がきっと傷つく。
私はここで4人で暮らしていたい。


この前子供たちとジュウオウジャー見ていたら、
父親と確執のある大和くんに、父親が危なそうな場面でアムが言うの。

「どうして行かないの。たった一人の家族でしょ。」って。

正論だよね。
その正論が、家族を追いつめることもあるんだよ。

娘に依存しないで欲しい。
どうして幸せなのに、罪悪感をもって生きなくてはならないの?
自分を生んだ母親に、もう死んで楽になって欲しいなんて、
そんな気持ちなんか持ちたくなんかないのに。

邪悪な気持ちでいっぱいになる自分がきらい。

病気になるくらいにつらかったのなら、私を生まなければ、
もっと子育てでも、経済面でも楽にいらてたよねお母さん。

「娘がいてよかった」って昔はよく言ってくれてたけど、もうそんな言葉は遠くに置いて来てしまったんだね。

posted by まりあ at 00:07| Comment(6) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

今夜、腹の底から。

なんか、おなかいたいよーーーー。
こんばんは。
昨日は暗い日記かいてごめんなさい。


あのね、カラオケ行きたい。
英語は適当だがdesperado歌いたい。
ワンオクのnever let this goを腹の底から歌いたい。

私は合唱団でも学校の合唱でもパートはソプラノで、
その頃は主旋律を歌う気持ち良さでいっぱいだったけど、
今はメゾソプラノでもアルトでも良かったかもと思ってる。
下のメロディー知ってるって、格好いいよね。

ハモりたいなぁ。
大きな舞台で歌いたい。歌が上手になりたいなぁ。

posted by まりあ at 00:28| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

ねえ

お母さんは今の私の歳で統合失調症になったと言っていた。
思えば幼稚園の頃、暗い部屋で一人で泣いていたお母さんを心配して声をかけにいったことがあった。
何で泣いていたかは分からない。

昔うちにはM先生という隣町のお寺の住職がよく出入りしていた。
ありがたい曼荼羅のタペストリーや千手観音の絵馬のようなものを買っていた。
そういうものを各部屋に置いていた。私の部屋にもあった。
小学生のとき、パワーストーンのようなものを持たされて学校へ行っていた。
よく分からないけど、身を守ってくれるものだということは理解していた。
小学生高学年の頃、祖父が認知症になった。
包丁を持ち出し暴れたので「逃げろ!」と家族の誰かが言った。
みんなで近くの路地の陰まで走って逃げた。心臓が破裂しそうなくらいドキドキした。
私たち兄弟は怖さを打ち消す為にそんな祖父の姿を見てばかにするようになった。
中二の時祖父は亡くなった。あんなに馬鹿にしていたのにお葬式では兄弟で泣いた。

そのあとしばらくしてお母さんがおかしな霊能力者を家に連れて来た。
家の中がギクシャクしているのは霊のせいだと思ったようだった。
私は霊よりもなによりもそんなおかしな人間を家に上がらせたことが怖くて怖くて、
当時の日記に「悪魔がきた」と書いた。
お兄ちゃんが暴れるようになった。お母さんがヒステリーを度々起こすようになって、
その声を聞くのがものすごく怖くて部屋で一人で泣いていた。
お兄ちゃんが私の部屋の壁をパンチして穴を開けた。ドアも壊れた。

お母さんが宗教に入った。
私が合唱団で覚えたクリスマスの歌を歌っていたら、「そんな歌を歌うな!」と怒られた。
ごはんを食べる前にお祈りをするお母さんが嫌だった。
心配性なお母さんが嫌だった。
友達のお母さんみたいに普通じゃないお母さんが嫌だった。

お母さんお母さん書いているけどそれはお父さんが登場しないから。
お父さんは何も言わない人だった。
育児はお母さんに丸投げだった。
暴れるお兄ちゃんに対して何もしてくれなかった。
ヒステリーを起こすお母さんを放っておいた。
会社に行って、家に帰ってくるとテレビをずっと見ていた。
スポーツの番組を良く見ているけど、いまだにお父さんがどこの野球チームが好きなのか知らないし、
一言も喋らず黙って見ているだけだったから、スポーツの面白さを教えてもらったことはないし、興味がわかない。


お父さんお母さん。
私はもっと普通の家に生まれたかったよ。
お父さんとお母さんが助け合って、いつも笑っているような家がよかったよ。
お父さんにどんなテレビが面白いか教えてもらいたかったよ。
お母さんは健康でいてほしかったよ。
私に「お兄ちゃんが嫌い怖い」とか言わないで欲しかったよ。
「お父さんが喋らないんだけどどうしたらいい」ってもう何百回も聞いたよ。
絶対口には出さないけど「だったらどうして結婚したの。私を生んだの。」って言いたくなるよ。
今、私はやさしい夫とかわいいこどもに恵まれて、とても幸せなのに、
お兄ちゃんたちも幸せなのに、
お父さんもお母さんもどうしてそんなに辛そうなの?
子供の幸せは親の幸せじゃないの?


心の底から幸せと呼べる日はいつになったら来るの?
posted by まりあ at 23:57| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする