2012年07月03日

久しぶりの日記です

なんだかんだで2年近くログインしてなかった。
久しぶりです。って、もう、誰も見てないかな。。。?

この数年で色々ありました。
結婚して、引っ越して、子供ができて、仕事をしながら妊婦生活を送り、仕事を休職、出産、子育て。。。。

はたから見れば、人生順風満帆でしょうか。
確かに筋書き通りの人生みたいですよね。


子供は日々、急激に成長を遂げて行きます。
この生命力を見ていると、自分は何かひとつでも成長できているのだろうかとふと思ったりもします。

子供がいるから、っていう理由で、あきらめたくない!ってずっと思ってたけど、
実際はあきらめざるを得ないことばかりで、私は一体何マスのマス目を進めたのでしょうか。


不安はつきないです。でも、孤独ではありません。
後退はしない。サイコロを振って出た数字が1でも、前へ前へ。。。


マイナスは出ないもんね。
posted by まりあ at 22:53| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

メラメラ

久々に過去の日記を見ていたんだけど、なんだか昔は傷ついてたんだなぁって思う。
いつもちくしょうって思ってて、とにかくちくしょうって思ってた。
だけどその空回りの情熱が自分を奮い立たせる原動力になっていて、
私の心の中は大火事だった。なんだかメラメラしたものを感じた。
懐かしい感じ。

あぁ、私はとろりと溶けたチョコに包み込まれるような日々に酔っていて、
このメラメラを忘れていたのだ。

私はいつだってハートに火をつけていたい。
このごろ思うのだけど、何かに情熱を注いでいないと私は不健康になるタイプだと思う。
昔は火事にやられていちいち傷ついていたけれど、それでもメラメラにやられた火傷は決して痛いものではなかった。

私はメラメラできる何かを探しにいきたい。
いつも探し物するときはひとりだったけど、これからは夫も一緒に。
それが今年の目標。
posted by まりあ at 23:42| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ストイックベイビー

落ち込んだときって過去の自分に励まされること多くないですか。
自分の過去は悪いことだらけじゃないと思う。幸せなんですね。


あーなんだか今日は落ち込むよう。
きりひと讃歌読んで、もっともっと落ち込みたーーーい!
守られてばかりなせいか、自分を痛めつける快感が欲しい!
ベニスに死す もう一度見たい!
posted by まりあ at 01:48| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

明けました2010

明けましておめでとうございます。
あっという間に1年が過ぎてしまいました。びっくりです。
昨年は夫との出会いから始まり、結婚を決め、引っ越し、入籍と、めまぐるしい環境の変化にさらされながらも、私はゆるやかな小川に流されるかのように、さらさらと、さらさらと、ここまでたどり着きました。
しかしその小川も実は滝のような勢いだったようで、やっぱり振り返ってみると、あっという間だったなぁと思うのです。

他に昨年1年で変わったことといえば、体重が約5キロ増えました。
幸せ太りとはこのこと。いくら食っても上にも下にも微動だにしなかった私の体重は、ちゃくちゃくと貯金をはじめているよう。そんなに貯金をして、何を買うんでしょうね?
確かに前と比べると、顔がまるくなった。でも肝心なところは何も肉がついてくれません。
5キロ増えたときはやっぱりびっくりしました。でもガリだった時よりはいいかな、と思って、今はこの体重をキープしようと決意しています。
でも最近毎日ピザ食べてます。正月だし。

そういえば、先月iMacを買ってしまいました!
夫のパソコンが我が家に3台あるのですが、
私だけのパソコンは無かったんですよ。
だけど、買っちゃった!これで気兼ねなく更新できます。
以前のように頻繁には更新できないかもしれないけど見に来てくださいね。


結婚してからの生活ってのは、なかなか一人の時間というものがとれません。
おかげで昨年は大好きな読書もほとんどできなかったし、隣町に引っ越して私の憩いの場である図書館も遠くになってしまった。
図書館で日がら一日過ごす。。。というなんともいえないあの愛おしい時間。
人体図鑑。エゴンシーレの画集。夏目漱石。ベニスに死す。母と子で見るアウシュビッツ。。。私は頭がぼけてしまってきているんじゃないかと最近心配でなりません。

でも結婚はとても良いものです。いいえ、結婚が良いのではないです。
心の底から愛しい人と結婚するから、結婚は良いのです。
結婚が幸せなのではありません。幸せになりたいからといって結婚に逃げてはいけません。
私は夫に、なんでも話せる楽しい友達を、優しく包み込んでくれる母を、威厳のある強い父を、ときめく恋人としての存在を感じます。

私はたくさんのものを手に入れました。
それと同時に、たくさんのものを失いました。

お父さんとお母さんとおばあちゃんとの生活。帰ればごはんが待っていた生活。一日中好きなことをやって過ごしていた生活。人をだます生活。日に日に高まっていくおかしな精神力。ひとりきりの自分。


これからどんなことが待っているんでしょう。
私は何を手に入れて、何を失うんでしょう。


これからの出会いそして別れに、A HAPPY NEW YEAR!
ことしもよろしくお願いします。
posted by まりあ at 01:12| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

愛の力

実は結婚して1ヶ月ちょい経ちました。

するりと1ヶ月。

だけど しっとり 1ヶ月。

あぁ 幸せだなぁ。

私は毎日 がんばっています!
posted by まりあ at 19:56| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

私ではない私へ

気づけばもう5月に突入しようとしています。
冬が終わって日差しはやわらかいけれど、外はちょっぴり肌寒い春。
桜も咲いた。
桜も散った。
春が傾いてきています。

近況を話しますと、今年に入って人生が急展開で変化しました。
変化に弱い私ですが、すんなりとこの今の現実を、体で心で受け止めて立っていることができています。
自分でも信じられないけれど、しゅるしゅると、シルクの上をすべり落ちるかのようにここに来ました。なんのケバも引っかかりもなく、すべてを受け入れることができました。



私は私ではない別の人間になります。

自分ひとりしか守ることができなかった私は、もういません。
posted by まりあ at 23:05| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

こい

おひさしぶりです。

マル1ヶ月以上もブログをほったらかしにしていました。

ほったらかし、というか、存在すら忘れてたっていうかどーでもよくなっちゃってました。

こんなに何も手に付かないくらいどーにかなってしまうくらい強く強く心を奪われていまうモノって言ったらそれはやっぱり



です。
posted by まりあ at 22:03| Comment(2) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

ハートに火をつけて2009

みなさま明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末は、火鍋・浜松・日本酒の3連チャンで、普段は超!粗食の私は、食欲が一気にガクンと落ち、今も、何を見ても食べたい気が起こりません。どうしたものか。
大晦日から元日にかけては、来年結婚する兄と彼女が我が家にやってきておもてなし。
ふたりは超ラブラブで目に入れて痛い程 笑 であるが、良い夫婦になりそうである。

早速ですが今年の目標をいくつか。

・身に成ることも、身を飾ることにも投資する!それが女子たるもの!!
・家族を大切に
・仕事はさらに元気よく!色んな事にチャレンジする!出勤時間早める。
・今年こそ本100冊!
・色んな音楽をいっぱい聴く!
・料理がんばる。弁当毎日作る。その為には早寝早起き。
・前途多難な恋はしない。。。。

去年、私は急成長を遂げました。
特別な一年でした。
それにはある魔法があったからです。
今年は、魔法に頼らないで生きて行きます。

何かを犠牲に人は成長していく。
最期は笑って死んでやる。


どんな一年になるかな。
posted by まりあ at 11:02| Comment(4) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

年が行く

nuitaha.jpg

25日のクリスマスに抜歯4本完了しまして。
口の中はスッカスカです。
それと同時に「額間(がっかん)ゴム」を使った治療が始まりました。
直径5mmのスーパーヘヴィーな輪ゴムを、下の3番から上の2番にかけるのです。
みっともないし、くちは2センチくらいしか開かないし、ご飯を食べるときは外さないといけないし、ビジュアル的に今までで一番きつい。
抜歯して、ゴムかけられて家に帰って、お母さんに見せたら「なにそれ恐い!」
あぁやっぱり恐いのね、とグシャグシャと泣いてしまう程ガッカリしました。
それから仕事納めの2日間はマスクをして会社に通っていました。

あれから数日、自分のこんな姿にもちょっと慣れて来ました。
抜歯という一つの山場を乗り越えた今、額間ゴムは噛み合わせを矯正する一番大事な治療だから、サボらないで頑張らないと。



大晦日は大掃除。今日、私は心の大掃除をしました。おえ、罪悪感で吐きそう。
私は来年、成長できるかな。

そんなこんなで、もうすぐ年が明けます。
posted by まりあ at 19:40| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

目標達成。。。か?

毎年好きではない年末ですが、今年はなんだか穏やかに過ごせています。
理由はよく分かりません。

ところで、今年の目標でありました「身を飾る物より身になるものに投資する!」ですが、かなり目標にむかって頑張れたと思います。
おかげさまで、今年は「身を飾るもの」にほっとんど投資をしませんでした。
化粧品もお洋服もほっとんど買いませんでした。
「今あるもの」をなんとか駆使して一年頑張ったよ。。。
そりゃぁあたしだって女子ですから、かわいいお洋服を目にすれば喉から手が出るくらい欲しくなりますよ。
だけどいざ「ちょっとくらい良いだろ!買ったれ!」と街に繰り出しても、結局困っちゃって何も買わずじまいか、何を間違えたかこの間は、洋服買いに行ったのに「戸川純」のCD買っちゃって一日が終わってしまいました。。。

あー洋服買うのってなんでこんなに難しいんだろう!?
結局「目標を果たした」というより、「自分の性分にかなり忠実に従った」だけだ。

まぁでもその分、身になるものにかなり投資したので、私の体は相変わらずガリで薄っぺらの紙のようですが、肥えるところはプクプクと肥えたよ。
来年は、もうちょっとオシャレ、がんばる。
勤め先がド田舎で 誰にも私服姿を見られる事無くダサイ作業着に着替え そして一日の大半を過ごすとしても、クローゼットを開けるのが楽しみになるような朝を迎えたいじゃないですか。

ところで、この間とうとう「飾るもの投資」しました。
こういうのが欲しかった!っていう口紅とリップグロスを手に入れました。今までファンケルの口紅を使っていて、特に荒れる事もなかったんだけど、配合成分もその上を行く安心成分だったのでコチラコチラを買ったよ。

悩んだけど、買ってよかった!
男の子はちょっと分からないかな!?メイクは時に心をウキウキさせますよね!私は何も予定が無い日でも心がONになるから、化粧しちゃう事が多いです。
この口紅は一般の口紅を付けたときのピリピリ感やケミカル感が一切無いので何だか安心。色素沈着して唇の色が黒ずむことが彩やかな口紅の裏事情ですが、これなら一安心かなぁ。発色は市販のものに比べればやっぱり落ちちゃうケド、しょうがない。

納めの日まで仕事ビッチリバッチリだけど、最後まで走りきります!!
posted by まりあ at 21:09| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

ゴスペルナイト!

先週、とうとう本番を迎え、ステージでゴスペル歌って来ましたよ!
本当に素晴らしいコンサートだった!本場のゴスペルはすごいわ!!

私たちの登場はシンガーズのアンコールの時に前に出て歌う、ってことになっていたから、それまでは一般客と同様にコンサートを観賞して待っていたんです。
彼らの声量はもちろんのこと、なんと言っても表情の豊かさには惚れたよ。
ブロードウェイのミュージカルでも活躍している人たちだから、ほとんど役者みたいなものなのかもしれませんね。心をすぅっと捕まえてもってかれそうだったよ。
バックミュージックはピアノと、太鼓やトライアングルなどのシンプルな打楽器で構成されていて、全然ごまかしは効かないぜ勝負だ!って感じ。ちょっとした振り付けもあって、英語は全然分からないけど目でも耳でも楽しめるステージでした。

あっという間にアンコールが近づいて、私たち市民ゴスペル隊がステージに上がるときがきたのですが。。。
裏では実は大変なことがいっぱいでした。たったの2回だけの練習の上、本番2時間前に、いきなり変更箇所がたくさん追加されることになったり。
先生が「ここはこうでいいの?」とシンガーズの人に確認をしたら、「それはその時のフィーリングで決めるから分からないわ」と言われたそうで。。きゃ〜!
そうだね確かに「歌」って気持ちで歌うものだから。気持ちも盛り上がれば何度も何度も同じフレーズを繰り返すことだってあるのです。

何はともあれ私たちの晴れ舞台は無事にすみました。
実は、練習で声を張り上げ過ぎて本番はちっとも声が出ませんでした。
だけどスポットライトに照らされたステージは本当にキラキラ輝いてまぶしかった。
楽しかった!!

しばらく「感動」は他人からもらってばかりいたけど、
自分で生み出す感動はもっといいよ。感動を生み出そう!!
またこういう機会があったら絶対ここに立ってみせます。

ジーザス!

081220_1645_0001.jpg
posted by まりあ at 22:48| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

2008 BOOK

camera.jpg

年末、ということで、今年1年で読んだ本、思い出せる限り上げます

1 ストレンジデイズ(村上龍)
2 すべての男は消耗品である(村上龍)
3 69シックスティナイン(村上龍)
4 限りなく透明に近いブルー(村上龍)
5 スキップ(北村薫)
6 十角館の殺人(綾辻行人)
7 びっくり館の殺人(綾辻行人)
8 最後の記憶(綾辻行人)
9 ビルマの竪琴(竹山道雄)
10 こころ(夏目漱石)
11 坊ちゃん(夏目漱石)
12 人間失格(太宰治)
13 江戸川乱歩傑作選(江戸川乱歩)
14 なんくるない(よしもとばなな)
15 ひとかげ(よしもとばなな)
16 イルカ(よしもとばなな)
17 だめだこりゃ(いかりや長介)
18 焼きそばうえだ(さくらももこ)
19 ももこの21世紀日記(さくらももこ)
20 罪と罰 上・下(ドストエフスキー)
21 ガラマーゾフの兄弟 上(ドストエフスキー)
22 蟹工船・党生活者(小林多喜二)
23 間宮兄弟(江國香織)
24 勝手に生きろ!(チャールズ・ブコウスキー)
25 死をポケットに入れて(チャールズ・ブコウスキー)
26 指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っぱらったピアノを弾け(チャールズ・ブコウスキー)
27 砂の女(安部公房)
28 箱男(安部公房)
29 今夜、すべてのバーで(中島らも)
31 雪国(川端康成)
32 アドルフに告ぐ(手塚治虫)
33 きりひと讃歌(手塚治虫)
34 奇子(手塚治虫)
35 やけっぱちのマリア(手塚治虫)
36 人間昆虫記(手塚治虫)
37 リボンの騎士(手塚治虫)
38 トム・ソーヤーの冒険(マーク・トウェイン)
39 異邦人(アルペール・カミュ)

他にもあったと思うけど忘れちゃった。漫画も入ってます。手塚は「本」の部類でいいでしょう、文字多すぎだし。あー、今年は読んだな〜!って思っても、並べてみるとたったのこれだけなんだ。。。画集(エゴンシーレ・ピカソ・ムンク・モディリアニetc)、歯の矯正の本、自己啓発本(こういうのは表に書かない方が良い)、などなども読んだけど、やっぱり本には入らないだろう。
うーん1年で100冊は、なかなか難しいんだなぁ。。。年頭の目標100冊を達成するにはあと60何冊!?ぐへっ

来年もいっぱい本を読みたい。次に読みたいのは、なんとな〜く、ラリヒです。あと、「ハックルベリイ・フィンの冒険」も読むよ。楽しみだな〜。実はまだ「異邦人」「ガラマーゾフの兄弟」「蟹工船」「トム・ソーヤーの冒険」は途中なので、今年中には読み終わらせるようにしたいな。

次は聴いた音楽でも集計しようと思います。
posted by まりあ at 22:14| Comment(2) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

舞台と観客

なんだかめっきりブログ更新する頻度が衰えました。
半年間で10日以上更新した月がないもん。外部に発散して伝えることより内に秘めたることが多くなったのかもしれないですね。あぁだめだだめだ外へでなくては声を出さねば

昨日は友達と東京まで足を運んでお芝居を見に行って来ました。
シリアスなものだと意気込んで行ったら、結構はちゃめちゃな、笑いどころ満載のお芝居で、呆気にとられながらも、すごく楽しめました。静岡にも良い劇場があるので、良い芝居をもっと見にゆきたいです。Kさんまた誘ってね。

舞台に立つ人間と それを見守る観客 二体が一体となって作り上げるのが一幕の時間
その時間が人生だとしたら、みなさんはどちらに行きたいと考えますか

今日は、自ら舞台に立つため、ゴスペルの練習に行って来ました。
3週間後にNYからプロのゴスペルシンガーズがわが町にやって来て、最後のアンコールで一緒にゴスペルを歌いましょう!という企画の募集が街の広報に載っているのを見つけ、応募したのが約1ヶ月前。市民90人が集まりました。
2時間のレッスン×2回で本番突入なので、ストレッチ・発声練習から始まってみっちり
歌い続けました。あぁ本当にたくさんの人と声を重ねて歌うのは楽しい!あと1回練習がありますが、本番が楽しみで仕方ありません。
先生が録音してくれた練習用のCDをこれから聴き込んで、本番に挑みたいと思います。

曲目は「OhHappyDay」「AmazingGrace」「聖者の行進」の英語の曲3つ。
歌は楽しいなぁ!

年末年始は大キライなシーズン。だけど今年は楽しみなことがあるから、ええこっちゃ。

***
今読んでる本は、カミュの「異邦人」です。「箱男」は読み終わりました。「ガラマーゾフの兄弟」は停滞中…。トム・ソーヤーは気まぐれに楽しみながら読んでます。
最近見た映画は「ベニスに死す」と「バベル」と「亀は意外と速く泳ぐ」と「モーターサイクルダイヤリーズ」です。次は「ぜんぶフィデルのせい」と「12人の死せる男」を見たい。

最近気づいたんだけど、江國香織の本は恋愛小説でなくて、ホラー小説だと。
誰か、そう思わない?久しぶりに「すいかの匂い」を読んだら、クラクラした。。。
一番クラクラするのは「落下する夕方」だけど。。。うふ
posted by まりあ at 20:25| Comment(3) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

classicヘミング

先週、イングリット・フジコ・ヘミングのコンサートへ行って来た。
モスクワフィルハーモニー交響楽団とのコラボレイションで彼女のソロではないのだが、そんなことはお構い無し。フジ子ヘミングは一生で一度は生で聴いてみたい音楽だった。
コンサートをしぞ〜かででやるというCMを見た次の日、すぐにチケットを買いに走った。胸がワクワクした。
コンビニの券売機に向かうとチケットは1万6千円のS席しか空いてなくて、その値段に一度躊躇したが、「この投資に躊躇したら他に何に投資すればいいのだ」と思い直し、再度発券機とにらみ合い、チケット購入に至った。

当日は17時きっかりに仕事を切り上げると、すぐに会場へ向かった。その日は今年一番の寒さで、入り口までの長蛇の列の中でチケットを握る手が赤くかじかんだ。
19時開演。まずは楽団の演奏から始まった。馴染みのある吹奏楽とは違いストリングスが入ると急にクラッシック色が濃くなり、気持ちも盛り上がる。
楽団の一曲目が終わると、端に置かれていたグランド・ピアノが舞台中央にセッティングされた。フジ子の登場だ。
彼女はスカイブルーのサテン調のドレスを身にまとい、首に巻いた白いショールを背中に垂らし、それがまるで天使の羽根のように見えた。長い裾を引きずりながら、のっしのっしと現れた。(前に著書を読んだ事があるけど、彼女の衣装はすべて手作りらしい)とたんにすごい拍手が送られる。

モーツァルトのピアノ協奏曲で始まった。
バイオリンは風のようだなぁ〜チェロは子犬のようだね〜コントラバスは波のようだなあ〜などと考えながらピアノとのコラボを聞き入る。う〜んしかし、楽団とのコラボも素晴らしいが、やっぱりソロでピアノの演奏を聴きたかったなぁ。。
と思ってたら、フジ子が生声で何か叫んだ。が、聞き取れなかった。しかしその瞬間すごい拍手がわき起こる。
再び協奏曲が始まったので、一体さっき何を叫んだのだろう?と思いつつ、第一部が終了しようとしていた。。。ら、楽団が楽器を下げ、コンダクターが幕の外へ下がった。

曲目にはなかったリストの「愛の夢」が 奏でられる
何度もCDで聴いたが おおおホンモノだよ。。
鳥肌が全身をウェーブした 曲の通り夢のようだ!
「愛の夢」が終わると あの有名な 彼女の代表曲リストの「ラ・カンパネラ」の聞き覚えのある前奏が始まった 感動して涙で目が潤みました
最後の一音まで力強く素晴らしい演奏だった
夢が一つ叶った瞬間でした フジ子ヘミングが舞台袖に下がるまで拍手を送った。

夢は他の誰でもない 自分で叶えるものだと知った夜でした
posted by まりあ at 21:14| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

デザインフェスタでデザインフェスタでSHOW

先週の土日、東京は有明 国際展示場 デザインフェスタに出展してきました。
す ごい楽しかった

制作から本番まで体力気力全てを消費してしまったはずなのに
後に残ったのは充実感 消費したはずの電池がFULLに満たされている そんな感じ
普通の生活をしていては味わえないことをやれています
この場所に連れて来てくれた自分と たのしい仲間と これからも時間を共有して
あたらしい時間を創っていきたいと思います
なんといったって、クリエイター集団ですから。。。

詳細はコチラ
posted by まりあ at 23:15| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

絶対

CIMG3989.jpg


大人になるってことは、「この世に絶対はあり得ない」と知ることです。
「この世に絶対はあり得ないなんて、あり得ない」と思う時、それは恋した時です。
わたしが子供の頃書いていた漫画のタイトルは、「絶体絶命の投げKISS」です。

絶対は絶対に覆(くつがえ)される!それでも絶対を信じるのが人間!
そうして大人の階段のぼってくのね〜!
posted by まりあ at 23:50| Comment(2) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

しゃりらりらーん

気づいたら2週間いんたーねっと、やってなかった。
最近、いんたーねっとでイチイチ傷つくことが多くて、ちょっと不健康だったので、会社でコッソリ極小ウィンドウで必要なことだけ見て、オワリ!にしてました。
あぁいんたーねっと、健康的に見れればとても便利な道具なんだけど、あたしはどうも扱いが下手なようで、まだまだだなぁ、と思うのです。

最近
横浜トリエンナーレに行って
エエラボも来月のイベントを前に制作本腰
毎年恒例の大人の合宿を 南伊豆の海の見える 目の前が線路の 静かな町で
兄の嫁さん家族が顔合わせでみえるので、汚い汚いリビングの大改造
3年間待ちこがれた夢のモダン・リビングを手に入れました
かなり出資したのでアタクシ、お金がアーリマセン アルケドねっへっへ
部屋が明るくて 落ち着く 今度だれか 遊びにきてね
ロック・バーに行った
あ、あと年末ゴスペル歌います

読書もしてます 漫画も読んでます 飲みにも行ってます 旅もしてます
あたしは あたしの おまいさんには おまいさんの 生き方がある

この世界のひどく生きにくいことには!
posted by まりあ at 12:45| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

最近23

そういえば最近疑問なのが、「内閣支持率」って必要ですか?
学級委員に選ばれたタロウくんに、

「学級委員やってくれてるのは良いんだけどさ、必要な係だし。でもね、このクラスでタロウくんを支持してるのは、実は50人中5人だけなんだよ」

なーんて言ったらさ、さすがにやる気満々のタロウくんも

「け!なんだいなんだい!せっかくクラスをまとめてやろうと受けたのに!応援してくんないなら、いーさ!ふん!」

なんてゆうふうに、リーダーシップを取る上でのモチベーションを下げるだけじゃないの?なんて思うんだけど、あの数字はなんの為にあるの
posted by まりあ at 21:47| Comment(2) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

おれとおまえとありがとう

昨日わたしの一番古い友人むぅちゃんと遊んできました。いつも遊ぶ時は街を歩いてぶらぶらする私たちですが、昨日はむぅちゃんの運転という初の試みで出かけました。

まずはオサレなイタリアンのお店に行き、パスタ(とろろ+たらこ という絶妙なトッピングのパスタすごくおいしかった)で腹ごしらえをし、14時から20時前までふたりでカラオケに入り浸り、歌を歌いまくりました。最高でした。
さらに最高だったことは、早めのお誕生日プレゼントをいただいたことです。BODYSHOPのバスグッズを頂きました!いちごのあま〜い香りでとっても癒されるし、ハッピーで明日からモテそうな気さえしてきちゃうんですよ。。。ピンクはラブ運(笑)に効くといいますしね。とても嬉しかったですありがとね〜。
そしてもう一つ最高だったことは、小学生の頃むぅちゃんと私が共同で描いていた漫画を久々に見せてもらったことです。

あの頃は本当によく漫画を描いていました。早く、家に帰って、漫画を描きたい!
ご飯を食べ終わったら漫画を描きたい!
当時真剣に描いていたこの漫画は恥ずかし過ぎて面白過ぎてまだちゃんと読めないでいるけど、2巻のうちの1冊を私が預かることになったので大事にしてゆこうと思います。

友達は良いものですね。
私はこんなこと未来の子供達には言えないけれど、極論を言ってしまえば友達は選ぶものだと思っています。みんなと仲よくしなければいけなかったあの頃、友達を選ぶ事ができかったあの頃、本当に日々つらいことばかりでした。
大人になって、自分が本当に仲よくしたい友達が結果的に今私の周りにはいます。
ただそれは、携帯のメモリーに入っていなくても、何年も会ってない人でも、遠くに住んでいようとも、もちろんたまに会ったりする友達でも、私が選び抜いた友達です。

今のこの友情がどんな形に変わって行くのか、これからどんな友達ができるのか、
それも楽しみ!
posted by まりあ at 23:40| Comment(2) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

まり無理っき

ここんところ「罪と罰」に没頭し過ぎてパソコン開きませんでした。決して「漫画で読破!罪と罰」なんかじゃないよ
今は安部公房と、話題の蟹工船読んでます。共産党ってなんだ?なんで小林多喜二は逮捕されて拷問を受けて死んだのか?思想ってなんだどうして今は何を思おうが自由で私は殺されないんだなんだ
歴史にも興味が出てきた

23歳に間に合った
posted by まりあ at 11:09| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする