2017年05月07日

やさしさはどこへ

母が書き置きをして行方不明になり、
家族で捜索するも見つからず
父が警察へ行方不明者の捜索願いを出しに行き
外は暗くなり雨が降って来て
市内に同報無線が流れる手前まで行ったところで帰宅・・・・

連休中、兄(2)家族と私の家族で実家に集まったんです。
部屋を片付けられなくてごめんなさい。
一緒にご飯は食べられないのでみんなで食べてください
みたいな書き置きをしてスッとどこかへ消え・・・

いつも「足が手がおかしい歩けない」と言っていて
父と一緒じゃないと外へ出歩かない母が
7時間半も帰ってこないなんておかしいじゃないですか。
散歩のつもりで出かけて、足がもつれて転落して動けなくなってしまったのではないか、

自殺でもしにいったのではないか、
みんなで必死になって探して・・・

見つかってよかった。
でも涙はでなかった。

心配している心の裏側で、ひどく冷めきっている自分がいる。
それなのに母親の愛情を求めている小さな自分がいる。

精神科閉鎖病棟に行っても治らず、
医者に行って検査をしても異常は無いと言われ、
でも体の不調を訴える母。
助けてほしい。。
posted by まりあ at 04:05| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

おっかたづけ

この前夫と些細な事で久々の大げんかをしました。
わたし、けんかするとすぐ泣いちゃうんだよね。。。
自分の気持ちを分かってもらえない、
変な風に捉えられてしまう、っていうのがすごく辛くて。。。

まぁとりあえず話し合って仲直りできてよかったです。
ぶつかること、話す事は大切。
ぶつからない、話さない家庭で育ったので、身にしみます。


そういえば実家に、兄(2)の家族が入ることになりました。
2年くらい先だけど。リフォームするんだって。
実家にまだ私の残骸がいろいろと残ってるので、片付けに行かなきゃなぁ。

2年前にゴミ袋8杯分くらい、だいぶ処分したんだけどまだ残ってます。。
英語の教科書の落書きとか、世界史のノートに授業中付けてた日記とか、
そろばんとか自動車学校の教習本とか、プリクラとか、りぼんの付録とか、
人間関係の悩みと恋の悩みが大半を占めている悩める日記とか。


お片づけに行かねば。
posted by まりあ at 23:11| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

イモにも色々あるけれど。

久々に起きています。

そういえば。
今年の初め、急に「ピアスを開けたい」という衝動が私を襲いました。
それまで一切ピアスになんか興味が無かったんです。

痛そうジャン。
手入れ面倒くさそうジャン。
子供引っぱって耳ちぎれそうジャン。

なのに、突然の「ピアス開けたい」。

なぜにそうなったのか分からないけど、
それからすぐにピアスの穴を開けてくれそうな病院をネットでさがしまくり、
よさそうな病院を見つけて同意書をDLし、書き込むところまで一気にいきました。

その夜。

私「あのさ、相談があるんだけど・・・私、ピアス開けようと思うんだけど。」

私のお願いは大抵聞き入れてくれる夫。
今回も「いいよ〜^^」って言ってくれるものだろうと思ってました。

夫「え・・・・ピアス??」
私「(あれ?)うん。開けてみようかな〜って思って。」

夫「う〜〜ん・・・・。オレ、ピアス好きじゃないんだよね。耳に穴開いてるの、好きじゃない。」
私「(えええーーーー!予想外な反応!)・・・そうなんだ〜。じゃぁ、やめるよ!」


普段のほほ〜〜んとしている夫なので、私がどんなオシャレしようと関心がないものだろうと思ってました。
なのでオシャレに関して嗜好を持っている事が意外で、
「夫が嫌ならやめよう」と、
高ぶっていた衝動がすぐに急降下して行きましたとさ。。。ほほほ。


いや、ちょっとは開けてみたかったな、って今もホントは思ってますよ。

私「イモっぽい」って言われた事、今でも覚えてますよAさん!!!!!

ピアス開けたら「イモっぽさ」ちょっとは改善するかなーーー!!!??
三十路過ぎたけど今でも私は「イモっぽい」ですよ!!!
生まれ変わるならせめてジャガイモよりインカノメザメになりたいよ!!
だって名前がオシャレだからね!!!!


ちなみに穴開けたらしてみたかったピアスはこれです。
繊細でシンプルでイイ!!
https://www.nouedesign.net/
posted by まりあ at 23:46| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

眠いの

自分は昔から睡眠に対してかなり貪欲であると思う。

「オールナイト」「朝帰り」こわい。。。なんてこわい言葉なの。

睡眠不足=恐怖。


ああ寝なきゃ!
夜更かしした日は時計を見ないで寝るようにしています。
なんでかというと、時計を見てしまうと、
「今○時だから、×時間しか睡眠時間がない」って数字で理解するので、
睡眠不足の恐怖でパニクるからです。

おかしーですよね。
時計を見ずに、寝ます。
posted by まりあ at 00:42| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

三角屋根のラーメン屋

「暦の上では春だけど・・・」
という言葉が飛び交う季節ですね。2月。

この前、私たち家族と私のお父さんと、仕事の関係で帰省したお兄ちゃん(1)とラーメン食べに行きました。
(お兄ちゃん(2)は赤ちゃん生まれたばっかりだから来れなかった)

子供の頃よく行ってたラーメン屋で、お兄ちゃんは帰省するといつもここのラーメン屋に行きたがるのです。
たいして深い話はしなかったけど、いや過去に一度だって深い話なんてしたことないけど、
一緒にラーメンが食べられて嬉しかったな。

それだけです。
posted by まりあ at 00:33| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ただただ、つらい

この前実家に帰った時、
「記憶がない。ごはんがつくれない。お金がない。もう餓死する。」
ってお母さんが言うものだから、
「じゃぁいくらあげればいいの。100万?200万?私が仕事をやめて、毎日ごはんを作りにくればいいのか。」
って言い合いになったの。
だめだよね。

数日前、お兄ちゃんにふたりめの赤ちゃんが生まれたのよ。
今日久しぶりに実家に電話したの。
「統合失調症の強いのになった。もうおばあちゃんが死ぬ。神々に支配されている。記憶が無い。」
ってお母さんが強い口調で言うの。
お兄ちゃんに赤ちゃん生まれたよ。聞いたでしょ?うれしくないの?って聞いたの。
「別にうれしくない。どうでもいい。」
だめだよね。


私はどうしたらいいのだろうか。
実家に入ってサポートするのが、優しいたったひとりの娘の役目だよね。
病気の母親に、優しい言葉をかけて励ますのが娘の役目だよね。
でも、実家に入ったら私が壊れそう。
私が壊れたら、怖いお母さんになって、私の子供の心がきっと傷つく。
私はここで4人で暮らしていたい。


この前子供たちとジュウオウジャー見ていたら、
父親と確執のある大和くんに、父親が危なそうな場面でアムが言うの。

「どうして行かないの。たった一人の家族でしょ。」って。

正論だよね。
その正論が、家族を追いつめることもあるんだよ。

娘に依存しないで欲しい。
どうして幸せなのに、罪悪感をもって生きなくてはならないの?
自分を生んだ母親に、もう死んで楽になって欲しいなんて、
そんな気持ちなんか持ちたくなんかないのに。

邪悪な気持ちでいっぱいになる自分がきらい。

病気になるくらいにつらかったのなら、私を生まなければ、
もっと子育てでも、経済面でも楽にいらてたよねお母さん。

「娘がいてよかった」って昔はよく言ってくれてたけど、もうそんな言葉は遠くに置いて来てしまったんだね。

posted by まりあ at 00:07| Comment(6) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

今夜、腹の底から。

なんか、おなかいたいよーーーー。
こんばんは。
昨日は暗い日記かいてごめんなさい。


あのね、カラオケ行きたい。
英語は適当だがdesperado歌いたい。
ワンオクのnever let this goを腹の底から歌いたい。

私は合唱団でも学校の合唱でもパートはソプラノで、
その頃は主旋律を歌う気持ち良さでいっぱいだったけど、
今はメゾソプラノでもアルトでも良かったかもと思ってる。
下のメロディー知ってるって、格好いいよね。

ハモりたいなぁ。
大きな舞台で歌いたい。歌が上手になりたいなぁ。

posted by まりあ at 00:28| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

ねえ

お母さんは今の私の歳で統合失調症になったと言っていた。
思えば幼稚園の頃、暗い部屋で一人で泣いていたお母さんを心配して声をかけにいったことがあった。
何で泣いていたかは分からない。

昔うちにはM先生という隣町のお寺の住職がよく出入りしていた。
ありがたい曼荼羅のタペストリーや千手観音の絵馬のようなものを買っていた。
そういうものを各部屋に置いていた。私の部屋にもあった。
小学生のとき、パワーストーンのようなものを持たされて学校へ行っていた。
よく分からないけど、身を守ってくれるものだということは理解していた。
小学生高学年の頃、祖父が認知症になった。
包丁を持ち出し暴れたので「逃げろ!」と家族の誰かが言った。
みんなで近くの路地の陰まで走って逃げた。心臓が破裂しそうなくらいドキドキした。
私たち兄弟は怖さを打ち消す為にそんな祖父の姿を見てばかにするようになった。
中二の時祖父は亡くなった。あんなに馬鹿にしていたのにお葬式では兄弟で泣いた。

そのあとしばらくしてお母さんがおかしな霊能力者を家に連れて来た。
家の中がギクシャクしているのは霊のせいだと思ったようだった。
私は霊よりもなによりもそんなおかしな人間を家に上がらせたことが怖くて怖くて、
当時の日記に「悪魔がきた」と書いた。
お兄ちゃんが暴れるようになった。お母さんがヒステリーを度々起こすようになって、
その声を聞くのがものすごく怖くて部屋で一人で泣いていた。
お兄ちゃんが私の部屋の壁をパンチして穴を開けた。ドアも壊れた。

お母さんが宗教に入った。
私が合唱団で覚えたクリスマスの歌を歌っていたら、「そんな歌を歌うな!」と怒られた。
ごはんを食べる前にお祈りをするお母さんが嫌だった。
心配性なお母さんが嫌だった。
友達のお母さんみたいに普通じゃないお母さんが嫌だった。

お母さんお母さん書いているけどそれはお父さんが登場しないから。
お父さんは何も言わない人だった。
育児はお母さんに丸投げだった。
暴れるお兄ちゃんに対して何もしてくれなかった。
ヒステリーを起こすお母さんを放っておいた。
会社に行って、家に帰ってくるとテレビをずっと見ていた。
スポーツの番組を良く見ているけど、いまだにお父さんがどこの野球チームが好きなのか知らないし、
一言も喋らず黙って見ているだけだったから、スポーツの面白さを教えてもらったことはないし、興味がわかない。


お父さんお母さん。
私はもっと普通の家に生まれたかったよ。
お父さんとお母さんが助け合って、いつも笑っているような家がよかったよ。
お父さんにどんなテレビが面白いか教えてもらいたかったよ。
お母さんは健康でいてほしかったよ。
私に「お兄ちゃんが嫌い怖い」とか言わないで欲しかったよ。
「お父さんが喋らないんだけどどうしたらいい」ってもう何百回も聞いたよ。
絶対口には出さないけど「だったらどうして結婚したの。私を生んだの。」って言いたくなるよ。
今、私はやさしい夫とかわいいこどもに恵まれて、とても幸せなのに、
お兄ちゃんたちも幸せなのに、
お父さんもお母さんもどうしてそんなに辛そうなの?
子供の幸せは親の幸せじゃないの?


心の底から幸せと呼べる日はいつになったら来るの?
posted by まりあ at 23:57| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

瓶として甘く

高校のとき描いた絵の題名です。
もう一度描き直したい気持ちがある今日この頃。。。

くりすますも終わり、今年もおわりますね。
2歳の息子はクリスマスを「くりくます」と言ってかわいいです。

来年は大厄だよ。
お祓いちゃんと行くので、なによりもお母さんの病気が早くよくなりますように。
posted by まりあ at 00:24| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

酸欠アラサー

去年の今頃はノイタミナで僕だけがいない街見てたなー。
OPのアジカンもかっこよかったけどEDも世界観にあってたな。
さユりさんのことは知らないけど、若くてイタイ感じがナイス。

posted by まりあ at 01:28| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする