2015年10月28日

鼻中隔湾曲症手術 体験記(7)手術から3年…現在の様子

気づけば手術から3年経ちました。

現在の私の鼻の様子ですが、すこぶる良いです。
手術前は、自分から見た鼻の、左が通って右が全く通らなかったのですが、
どちらかというと、やっぱり左の方が通りが良いです。
憧れの鼻スースー生活を手に入れたものの、風邪で鼻づまりをすると右は途端に鼻づまりになってしまうのですが、左は割と生き残っている事が多いですね。

夜、スッと眠れる快適さ。。。
鼻中隔湾曲症手術 体験記(1)を読んでいただくと分かる通り、私は鼻で呼吸できないことで、ずっとおかしな眠り方をしていました。そんなおかしなことしないで眠れるんですものね。

だけど、何年もずっと口半開きだったので、口をしっかり閉じる事が未だに苦手です。
口輪筋っていうのを鍛えないといけないな。。。と思っています。夜眠る時は、医療用テープを貼って寝る事もあります。

あと手術の後遺症として、鼻が少し低くなってしまいました。
これは事前に医師から説明がありました。でも、まさか本当に低くなってしまうとは。。。
鼻すじの真ん中から段差ができたように低くなってしまって、ちょっと残念な横顔になってしまいました。まぁ、もともと横顔には自信が無いので大したダメージはありませんがね。
でもほんの少しなので、周りからら見たら気づかれない程度だとは思います。指摘もされた事ありません。

そんなところです。

また余裕があったら、
数年前歯科矯正医院で聞いた「歯と鼻の曲がる因果関係」について書きたいと思います。
鼻の曲がる理由は歯(顎)にもあったのです。

とにかく、鼻中隔湾曲症で悩んでいる方。
手術して、快適な呼吸生活をエンジョイしましょう!!!
posted by まりあ at 00:07| Comment(0) | 鼻中隔湾曲症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

書きたい事はいろいろある。

自分の性格についてよく考えるんだけど、
やっぱり、自分の性格の基礎を作るのは、家庭だよなぁと思う。

私はなんでこういう性格なんだろう、なんで友達のあの子はああいう性格なんだろう。
私はああなりたいのに、なかなかなれない。。。

自分の性格の分析をときどきしているので、また今度ここに書こうと思います。

他にも書きたい事が。
それは「結婚してから初めて知ったこと」。

色々あるんだけど、
一番、知って衝撃的だったのは「話せば分かる」ということです。
そんな当たり前みたいなことが、ずっとしたくても、できないでいました。


また詳しく書くね。
おやすみ〜。
posted by まりあ at 00:32| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

30歳の日の記録

先日めでたく30歳になりました。
なんだか遠くまできてしまいました。

2015年9月26日(土)
午前、子供たちの保育園で秋祭り。
こども神輿、盆踊り、先生たち手作りのお店屋さん(ヨーヨー釣りとか輪投げとか)を楽しむ。
普段の保育を始め準備から片付けまで、保育士の先生たちにはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。
秋祭りのおやつはバナナアイス。
めっちゃ素朴でおいしかった!なんだこれ!?
静岡限定らしい!60円。今度買いに行こう。。。おすすめです。

http://www.iizukaseika.com/05_set/index.html#a006


秋祭りの後は、咳のつづく子供たちを小児科に連れて行き薬をもらう。
最近小児科変えました。
ずっと自宅から歩いて1〜2分のところにある小児科に行ってたんだけど、
16時半で終わっちゃうし風邪で連れてってもイマイチ手当してくれないもんで、車で5分の18時半までやってるところに変えた〜。仕事帰りにも寄れてgood!
近所の小児科は予防接種の時だけ世話になろう。。。

お昼はバターライスを作って食べました。
おいしー。

16時。
ここの所、記念日は焼き肉屋さんに行ってお祝いするのが食いしん坊な我が家の恒例行事。
今日はビール飲むぞ!ってなわけで電車でおでかけ。
雨の降り出しそうな(実際ちょっとぱらついた)中、曇り空の下まで歩き、電車にゆられてガタンゴトン。
17時。
焼き肉屋さん到着。
予約していた個室でじゅうじゅう焼き肉。めちゃうま。
私は特に焼き肉屋さんのねぎが好き。元々薬味が大好きなんだけど、焼き肉屋さんのねぎは最高においしー。
ねぎがお肉の味を引き立たせてくれるのよね。
お肉の苦手な長男君(4歳)は、大好きなエビを頼んで焼いて食べました。次男君(1歳半)はチヂミ。
私と主人はあれやこれや。
子供の世話をしつつ焼き肉焼いて食べて〜〜。。。って、なかなか忙しくてゆっくり食べれないんだけどね。
18時半、お店を後にする。

幸い雨は降っていない。


19時半家に到着。お風呂を涌かしている間、近所で買ったケーキを食べて(まだ食べるんかい)、お誕生日もそろそろ終盤。
お風呂が涌いて、主人と次男、私と長男の順に入り、歯磨きをして、おふとんへ。

子供が寝たあとは主人と録画してあったドラマの視聴。
唯一のんびりできる時間。


普段の日常+ちょっと祝賀ムード
のんびり我が家の、私の、30歳のバースデーでした。


おしまい
posted by まりあ at 00:10| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

まだ、会いたい気持ち

会いたい気持ちが高鳴って、
会いたい人に久しぶりにメールをしてこの前会って来た。

夕飯を作って子供らの風呂の手伝いをし、
仕上げ歯磨きをしてパジャマを着せてから寝かしつけを夫に頼んで出かけた。

メニューの無い不思議な居酒屋さんで、出てくるもの全部すごい美味くて、
お酒は飲まなかったけど、素敵な、大人な女子会でした。


会いたい気持ちって、やっぱり心にゆとりがないと生まれないものなのかな。
子供を産んでここ数年、ずっと「こどもこども」「せいかつせいかつ」ってかんじで全然周りに目がいかなかった。

ここのところ思うのだけど、
今とても毎日がいそがしくて、せわしなく動きながら子供の相手しながら「あーひとりの時間が欲しい。。」って常々思ってるんだけど、今がきっと人生で一番幸せな時間を過ごしているんだ。
結婚するまで、毎日遊んで恋もして楽しくて充実していたけど、なぜか寂しかった。
でも、今は「寂しい」とは1ミリも思わないもんなあ。


やっぱり家族かなぁ。



会いたい気持ちはまだまだ燃えています。次は誰に会いに行こうかな。
posted by まりあ at 00:23| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

会いたい気持ち

私は自分で壁を作ってしまうタイプだと自覚してるんだけど、
最近ひょんなことから数年会っていなかった友達と会って、気づいた事がある。

まだ独身の彼女は、
「結婚したり子供がいる友達って会いたくても遠慮して誘う事ができなかった。でも、とりあえず誘ってみて、断られたらまた考えればいいや、と思ったもんで。」と言っていた。
そして私を誘い、数年ぶりに再会する事ができた。
彼女が誘ってくれなかったら、私は見えない壁を背にして自分から誘う事も無かっただろうし、もう会う事も無かったかもしれない。
すごく嬉しかった。

そして私も同じ事を思うようになった。
今まで疎遠になってしまった人と、もう一度会ってみたいなと思えるようになった。

彼女と会ったのは夜のファミレス。
夕飯の支度をして子供を風呂に入れ、夫に預け、いそいそと出かける。
夜の外出なんて2年ぶりのこと。
お酒こそ飲まなかったけど、久しぶりの再会にアルコールなんて必要なかった。

2度の出産と赤ちゃんとの蜜月の日々、ミルクを卒業して保育園も慣れ始めた子供たち。
私も仕事を再開して3ヶ月。軌道にのりはじめた今、色々挑戦する時期が来たのかもしれない。

携帯の連絡帳を見ながらわくわくしている今の私の前に、壁はない。
たぶんね。
posted by まりあ at 00:57| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

鼻中隔湾曲症手術 体験記(6)ガーゼ抜き、そして退院

というわけで、退院前日だっきかな。
いよいよガーゼ抜きとなりました。

他の方の体験談で、
「めちゃくちゃ痛い」
「涙とよだれが止まらない」
「脳みそを引きずりだされているよう」とか読んでいたのでものすごい恐怖と緊張で診察室に入りました。
もう一度書きますが、手術後から私の鼻の奥には大量のガーゼが詰め込まれていて(止血と、軟骨を取り除いてグラグラな骨を安定させるためだとか)、鼻呼吸は一切出来ませんでした。

怖いけど、いよいよ夢にまで見た快適な鼻すーすー生活が待っている。。。!!!

先生が、鼻の中にピンセットを突っ込んで、

ずるずるずるずる〜〜〜〜〜〜〜〜。。。。ガーゼをゆっくり引き抜き始めました。

「ひいえええ〜〜〜〜〜気持ち悪ぃ〜〜〜〜〜!!!あれ?でも痛くはないぞ。。。?????」

何だかすごく不快な感覚でしたが、痛みは全然ありませんでした。

「まだ鼻の粘膜が腫れているので、すぐには鼻は通りませんが、だんだんと呼吸が楽になりますよ」
と先生がおっしゃる通り、鼻呼吸はまだ詰まったような感じでうまくできませんでした。
すぐにスースーになる訳じゃないんですね。

その後は、一大イベントのガーゼ抜きを無事終えた開放感と、
何だか頭がすっきりしたような感じで、すごく気分が良かったです。

そして退院。
主人が会社を休んで迎えに来てくれました。
二人で会計窓口へ。

手術費、入院費などまとめて総額約120,000円でした。
でもこれらのお金は、入っていた生命保険が適用されて、逆にもらうお金の方が多くて黒字に。笑


もっと早く手術するんだった。
人生きっと違ってた。
今強く思います。呼吸って大事。呼吸で人生変わる。顔も変わる。


病院を出て、久しぶりの高い高い空を見上げました。
あの時の空は、本当に高く感じました。


【手術体験記おしまい】
posted by まりあ at 23:47| Comment(0) | 鼻中隔湾曲症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

鼻中隔湾曲症手術 体験記(5)入院中

鼻中隔湾曲症手術からもう2年も経ってしまったのね。
ふと思い出したので、体験記の続きを書きます。
もうあんま覚えていないけど。。。すみません。

入院中覚えている事
・鼻呼吸ができなくて、手術のときのどに入っていたチューブのせいが、とにかくのどが痛かった

・鼻が通らないのでごはんの味を感じないし、飲み込みにくかった。どんな感じか分かりづらかったら鼻つまんでごはん食べてみ。

・二人部屋だったんだけど、同室のおばあさんが声が出せない病気らしく、どうコミュニケーションをとったらいいか分からず、ずっと気まずい感じだった

・暇だった。。子育てから解放されてのびのび〜〜。。ってなわけではなく、身体が本調子じゃないのでダルいながらもとにかく暇。
読書に明け暮れました。図書館で借りた「あしながおじさん」を読みました。めちゃめちゃ感動しました。
あとは売店で「湊かなえ」の「少女」「告白」「贖罪」を読破!湊ブーム来たり。

・確か2日目の夜、おっぱいを冷やす為のアイスノンを取り替えてもらおうとナースステーションへ向かったところで貧血になって倒れる。息苦しくなって「過呼吸?」と心配されたがそうではなかったみたい。寝たら治った。。鼻血がずっと止まらなかったせいかな。

・両親と祖母が見舞いに来てくれた。嬉しかった。

・夫と息子が一日だけ会社帰りに見舞いに来てくれた。おっぱい欲しがるかなーと心配したけど欲しがらなかった。二人の顔が見れてうれしかった。帰る時は寂しくて辛かった。

・死ぬほど痛いと評判の「ガーゼ抜き」が不安でたまらなかった。。。


つづく
posted by まりあ at 23:13| Comment(0) | 鼻中隔湾曲症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

ひさしぶりなのん

生きています。

今日会社のおじさんが機械に手を挟まれ重症な怪我をし、救急車で運ばれました。
ドラゴンボール見てると平気で身体で体当たりして岩くだけちったりするけど本当は逆だよね。
人間の体はとてももろいですね。サイヤ人になりたいなあ。
おじさんの手が無事である事を祈ります。


今年はいよいよ私も三十路です。
老後のことを時々考えます。
夫は私より年上なので、普通に考えれば夫の方が先に亡くなるでしょう。
子供たちも成人し、お嫁さんをみつけ、独り立ちするでしょう。
もちろん私の両親もいつかは。

何十年後、年老いた私を抱きしめてくれる存在はいなくなるのだと思うと、たまらなく切なくなります。
家族に囲まれ、幸せな毎日を過ごしているからこそ、独りぼっちになるのが怖いです。

幸せはいつも孤独と隣り合わせなのでしょう。
posted by まりあ at 00:57| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

やっほほいのほい!

ひっさしぶりーのブログです!
ツイッターもやってるけどあんまつぶやかないし、フェイスブックも一回やってみたけど「無理!」って思って退会し、mixiも今じゃ閑古鳥。
SNSは向いてないみたい!

長男は9月で3歳に!
最近は、絶賛妖怪あまのじゃくに取り憑かれ中で、何でも私の言う事と反対の事を言うのでかなりイライラするが我慢。。。我慢できないときもあるケド。
いつの間にかお昼寝もしなくなり、毎日13時〜15時くらいの時間のつぶし方に悩んでいます。
外に出るのが気が晴れて一番良いんだけど、とにかくあまのじゃくに取り憑かれているので「お外行こう!」と言っても「お外行かない!!!怒泣」と拒否。
あ〜〜疲れるわ〜〜〜〜

でもね、会話もほとんど成立するようになり、イライラするときもあるけど、面白くて笑っちゃうことの方が多いんだよ。
。。。気のせいかな?笑


次男君はもうすぐ9ヶ月!
こっちはもう目の中に入れても痛くないほど可愛くてね〜〜!
二人目だから色々分かってるし私も手を抜きまくりで。。。
赤ちゃんほんと癒されるね。


そして夫くんはもうすぐ41歳!
中年にどっぷり浸かってるけど、心はキッズ!
とにかく前向きだし頼りになる!毎日帰宅を心待ち!
ほんと長生きしてくれ!!!


今年もあと1ヶ月ですね。
数ヶ月で仕事復帰か〜。やだな〜。
日中の一人で二人育児もあとわずか。


はぁーーーー複雑すぎる!
posted by まりあ at 22:48| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

余裕の皮

3月7日、次男が産まれました。

久しぶりの赤ちゃんの登場に、懐かしい深夜の起床や、
だんだんと肉付いてまるまるとなった体、
日ごと豊かになってくる表情に癒されている毎日です。

「二人目が産まれたら上の子をなにより優先しろ」、と脅しのようにあちこちから言われて、私も当然のように優先しています。でも大泣きしている赤ちゃんをいつまでも放っておくわけにもいかず。。。

わたし「○○ちゃん泣いているから、抱っこして上げてもいい?」
長男「いいよ!」
わたし「わぁ〜〜〜ありがとう♪長男くんはやさしいなぁ」

とか、

わたし「ほらみて〜〜長男くんとってもカッコ良く遊んでるよ〜!○○ちゃん一緒に見てようね〜」

長男「○○ちゃんいいこいいこ〜」
わたし「わぁーーー!優しいお兄ちゃん!○○ちゃんよかったね〜!長男くんはおりこうさん!!!かっこいい!」


と長男を立てまくって育児しています。
おかげで、長男は弟にとても優しくしてくれております。

ただいま長男は保育園。
育児休暇中は預かってもらえないので、法令に基づき今月いっぱいで退園です。
6月からは一人で一日中、二人育児だ。

毎日何しよう。。。何食べさせよう。。。何で遊ぼう。。。


不安だ。
今は「余裕のお母さん」をそれなりに演出できているけれど、
もうすぐ化けの皮がはがれるだろう。

少しでも笑顔のお母さんでいられますように。
がんばるよ!
posted by まりあ at 13:27| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする