2016年05月06日

カラーマジック

今まで、白や紺、カーキ、生成りなど、彩りの少ない色の服を好んで着ていたのですが、この頃は色の濃い服を選ぶようにしています。
30代に入り、落ち着き始める年齢だからこそ、
色に力をもらって、生き生きと生きて行きたいです。

posted by まりあ at 00:17| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

春に感謝

4月から新年度となり、こどもたちも進級しました。
桜もあちらこちらで満開で、春を感じている毎日です。
少し前まで寒くてふるえていたのが嘘みたい。
春は日々に彩りを与えてくれますね。

私は相変わらずです。

昨日は午後からともだちの結婚式でした。
午前中は息子と歯医者に行ったり(クリーニングだけ)、美容院でへアセットをしてもらったり、一日大忙しでした。私は友達関係は浅く狭くて限られているんだけど、今いる私の友達は本当に大好きで大切です。
大人になって、みんなと仲良くしなさいなんて言われなくなり、むしろ大人なんだから友達は選ぶべきという考え方に現在至っている訳で、友達のありがたみ、一緒にいて笑い合える楽しさ、今だからこそ「友達」の本当の意味が分かって来た感じがします。


昨日はこどもたちを夫にまかせっぱなしだったので、今日はたくさん遊んであげようと思います。
体力勝負の毎日なので、そろそろおやすみなさい!


いつの間にか、春に恐れを感じなくなった三十路のわたしです。
posted by まりあ at 00:24| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

あけまして2016!!!

あけましておめでとうございます!


子育て、仕事、生き方、過去、未来、

色々書いて行きたいです。


今年も「まりまにっき」をよろしくお願いします!
posted by まりあ at 00:11| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

どうか私と小龍包を

もう年の瀬ですね。
でも、いつもの冬よりは暖かい方なのかな。今日は冷え込んだけど。

明日は職場の忘年会です。
夜の19時とかに一人で外出するなんて2年ぶり?
楽しみ〜。
中華の食べ放題らしいです。

最近は小龍包のことばっかり考えてる。



この時期に見ると寒そうだね。

posted by まりあ at 23:57| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

鼻中隔湾曲症手術 体験記(7)手術から3年…現在の様子

気づけば手術から3年経ちました。

現在の私の鼻の様子ですが、すこぶる良いです。
手術前は、自分から見た鼻の、左が通って右が全く通らなかったのですが、
どちらかというと、やっぱり左の方が通りが良いです。
憧れの鼻スースー生活を手に入れたものの、風邪で鼻づまりをすると右は途端に鼻づまりになってしまうのですが、左は割と生き残っている事が多いですね。

夜、スッと眠れる快適さ。。。
鼻中隔湾曲症手術 体験記(1)を読んでいただくと分かる通り、私は鼻で呼吸できないことで、ずっとおかしな眠り方をしていました。そんなおかしなことしないで眠れるんですものね。

だけど、何年もずっと口半開きだったので、口をしっかり閉じる事が未だに苦手です。
口輪筋っていうのを鍛えないといけないな。。。と思っています。夜眠る時は、医療用テープを貼って寝る事もあります。

あと手術の後遺症として、鼻が少し低くなってしまいました。
これは事前に医師から説明がありました。でも、まさか本当に低くなってしまうとは。。。
鼻すじの真ん中から段差ができたように低くなってしまって、ちょっと残念な横顔になってしまいました。まぁ、もともと横顔には自信が無いので大したダメージはありませんがね。
でもほんの少しなので、周りからら見たら気づかれない程度だとは思います。指摘もされた事ありません。

そんなところです。

また余裕があったら、
数年前歯科矯正医院で聞いた「歯と鼻の曲がる因果関係」について書きたいと思います。
鼻の曲がる理由は歯(顎)にもあったのです。

とにかく、鼻中隔湾曲症で悩んでいる方。
手術して、快適な呼吸生活をエンジョイしましょう!!!
posted by まりあ at 00:07| Comment(0) | 鼻中隔湾曲症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

書きたい事はいろいろある。

自分の性格についてよく考えるんだけど、
やっぱり、自分の性格の基礎を作るのは、家庭だよなぁと思う。

私はなんでこういう性格なんだろう、なんで友達のあの子はああいう性格なんだろう。
私はああなりたいのに、なかなかなれない。。。

自分の性格の分析をときどきしているので、また今度ここに書こうと思います。

他にも書きたい事が。
それは「結婚してから初めて知ったこと」。

色々あるんだけど、
一番、知って衝撃的だったのは「話せば分かる」ということです。
そんな当たり前みたいなことが、ずっとしたくても、できないでいました。


また詳しく書くね。
おやすみ〜。
posted by まりあ at 00:32| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

30歳の日の記録

先日めでたく30歳になりました。
なんだか遠くまできてしまいました。

2015年9月26日(土)
午前、子供たちの保育園で秋祭り。
こども神輿、盆踊り、先生たち手作りのお店屋さん(ヨーヨー釣りとか輪投げとか)を楽しむ。
普段の保育を始め準備から片付けまで、保育士の先生たちにはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。
秋祭りのおやつはバナナアイス。
めっちゃ素朴でおいしかった!なんだこれ!?
静岡限定らしい!60円。今度買いに行こう。。。おすすめです。

http://www.iizukaseika.com/05_set/index.html#a006


秋祭りの後は、咳のつづく子供たちを小児科に連れて行き薬をもらう。
最近小児科変えました。
ずっと自宅から歩いて1〜2分のところにある小児科に行ってたんだけど、
16時半で終わっちゃうし風邪で連れてってもイマイチ手当してくれないもんで、車で5分の18時半までやってるところに変えた〜。仕事帰りにも寄れてgood!
近所の小児科は予防接種の時だけ世話になろう。。。

お昼はバターライスを作って食べました。
おいしー。

16時。
ここの所、記念日は焼き肉屋さんに行ってお祝いするのが食いしん坊な我が家の恒例行事。
今日はビール飲むぞ!ってなわけで電車でおでかけ。
雨の降り出しそうな(実際ちょっとぱらついた)中、曇り空の下まで歩き、電車にゆられてガタンゴトン。
17時。
焼き肉屋さん到着。
予約していた個室でじゅうじゅう焼き肉。めちゃうま。
私は特に焼き肉屋さんのねぎが好き。元々薬味が大好きなんだけど、焼き肉屋さんのねぎは最高においしー。
ねぎがお肉の味を引き立たせてくれるのよね。
お肉の苦手な長男君(4歳)は、大好きなエビを頼んで焼いて食べました。次男君(1歳半)はチヂミ。
私と主人はあれやこれや。
子供の世話をしつつ焼き肉焼いて食べて〜〜。。。って、なかなか忙しくてゆっくり食べれないんだけどね。
18時半、お店を後にする。

幸い雨は降っていない。


19時半家に到着。お風呂を涌かしている間、近所で買ったケーキを食べて(まだ食べるんかい)、お誕生日もそろそろ終盤。
お風呂が涌いて、主人と次男、私と長男の順に入り、歯磨きをして、おふとんへ。

子供が寝たあとは主人と録画してあったドラマの視聴。
唯一のんびりできる時間。


普段の日常+ちょっと祝賀ムード
のんびり我が家の、私の、30歳のバースデーでした。


おしまい
posted by まりあ at 00:10| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

まだ、会いたい気持ち

会いたい気持ちが高鳴って、
会いたい人に久しぶりにメールをしてこの前会って来た。

夕飯を作って子供らの風呂の手伝いをし、
仕上げ歯磨きをしてパジャマを着せてから寝かしつけを夫に頼んで出かけた。

メニューの無い不思議な居酒屋さんで、出てくるもの全部すごい美味くて、
お酒は飲まなかったけど、素敵な、大人な女子会でした。


会いたい気持ちって、やっぱり心にゆとりがないと生まれないものなのかな。
子供を産んでここ数年、ずっと「こどもこども」「せいかつせいかつ」ってかんじで全然周りに目がいかなかった。

ここのところ思うのだけど、
今とても毎日がいそがしくて、せわしなく動きながら子供の相手しながら「あーひとりの時間が欲しい。。」って常々思ってるんだけど、今がきっと人生で一番幸せな時間を過ごしているんだ。
結婚するまで、毎日遊んで恋もして楽しくて充実していたけど、なぜか寂しかった。
でも、今は「寂しい」とは1ミリも思わないもんなあ。


やっぱり家族かなぁ。



会いたい気持ちはまだまだ燃えています。次は誰に会いに行こうかな。
posted by まりあ at 00:23| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

会いたい気持ち

私は自分で壁を作ってしまうタイプだと自覚してるんだけど、
最近ひょんなことから数年会っていなかった友達と会って、気づいた事がある。

まだ独身の彼女は、
「結婚したり子供がいる友達って会いたくても遠慮して誘う事ができなかった。でも、とりあえず誘ってみて、断られたらまた考えればいいや、と思ったもんで。」と言っていた。
そして私を誘い、数年ぶりに再会する事ができた。
彼女が誘ってくれなかったら、私は見えない壁を背にして自分から誘う事も無かっただろうし、もう会う事も無かったかもしれない。
すごく嬉しかった。

そして私も同じ事を思うようになった。
今まで疎遠になってしまった人と、もう一度会ってみたいなと思えるようになった。

彼女と会ったのは夜のファミレス。
夕飯の支度をして子供を風呂に入れ、夫に預け、いそいそと出かける。
夜の外出なんて2年ぶりのこと。
お酒こそ飲まなかったけど、久しぶりの再会にアルコールなんて必要なかった。

2度の出産と赤ちゃんとの蜜月の日々、ミルクを卒業して保育園も慣れ始めた子供たち。
私も仕事を再開して3ヶ月。軌道にのりはじめた今、色々挑戦する時期が来たのかもしれない。

携帯の連絡帳を見ながらわくわくしている今の私の前に、壁はない。
たぶんね。
posted by まりあ at 00:57| Comment(0) | ダイアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

鼻中隔湾曲症手術 体験記(6)ガーゼ抜き、そして退院

というわけで、退院前日だっきかな。
いよいよガーゼ抜きとなりました。

他の方の体験談で、
「めちゃくちゃ痛い」
「涙とよだれが止まらない」
「脳みそを引きずりだされているよう」とか読んでいたのでものすごい恐怖と緊張で診察室に入りました。
もう一度書きますが、手術後から私の鼻の奥には大量のガーゼが詰め込まれていて(止血と、軟骨を取り除いてグラグラな骨を安定させるためだとか)、鼻呼吸は一切出来ませんでした。

怖いけど、いよいよ夢にまで見た快適な鼻すーすー生活が待っている。。。!!!

先生が、鼻の中にピンセットを突っ込んで、

ずるずるずるずる〜〜〜〜〜〜〜〜。。。。ガーゼをゆっくり引き抜き始めました。

「ひいえええ〜〜〜〜〜気持ち悪ぃ〜〜〜〜〜!!!あれ?でも痛くはないぞ。。。?????」

何だかすごく不快な感覚でしたが、痛みは全然ありませんでした。

「まだ鼻の粘膜が腫れているので、すぐには鼻は通りませんが、だんだんと呼吸が楽になりますよ」
と先生がおっしゃる通り、鼻呼吸はまだ詰まったような感じでうまくできませんでした。
すぐにスースーになる訳じゃないんですね。

その後は、一大イベントのガーゼ抜きを無事終えた開放感と、
何だか頭がすっきりしたような感じで、すごく気分が良かったです。

そして退院。
主人が会社を休んで迎えに来てくれました。
二人で会計窓口へ。

手術費、入院費などまとめて総額約120,000円でした。
でもこれらのお金は、入っていた生命保険が適用されて、逆にもらうお金の方が多くて黒字に。笑


もっと早く手術するんだった。
人生きっと違ってた。
今強く思います。呼吸って大事。呼吸で人生変わる。顔も変わる。


病院を出て、久しぶりの高い高い空を見上げました。
あの時の空は、本当に高く感じました。


【手術体験記おしまい】
posted by まりあ at 23:47| Comment(0) | 鼻中隔湾曲症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする